綺麗にしよう

口元を美しくする「審美歯科」

今日では、この「美しい口元」を手に入れるために歯科へ通う方が増えています。とりわけ、審美歯科での治療を受ける方が多くなっているのです。審美歯科で行なう治療とは、「見た目の美しさを手にれるための」治療です。ニーズが多様化する今日では、歯のホワイトニング治療も行なっています。更に、歯の形を整えたり、歯並びを良くするための治療のニーズも高まっています。機能的な側面とともに審美的な側面を重視した治療を考えるのならば、審美歯科での治療が望ましいと言えます。

歯を白くするには、いくら必要

「審美歯科」にも、様々な治療内容があります。今日、最も普及している治療と言えば、「歯のホワイトニング」治療でしょう。高濃度の過酸化水素水を歯に塗布し、光りを当てて白くする治療方法です。健康保険が適応されない「自由診療」のため、各歯科医院で費用が異なります。一般的な治療費用としては、歯1本当たり、3千円から1万円前後になります。この他にも、「ホームホワイトニング」と呼ばれる自宅で行なう方法もあります。このホームホワイトニングにも、歯科医の診察が必要になります。その際に、各自にあったマウスピースを作成してもらい、その後は自宅でのケアになります。このホームホワイトニングは、1万円前後の費用で済みます。効果が現われるには、2週間から1か月以上は必要になります。